自動トイレは人をダメにする

南国に暮らす酒飲みの人の活動記録。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コーヒーコーヒーしていない

たんぽぽコーヒーがコーヒーコーヒーしてないっ!!
とツイートして思い出したんだけど
最近の息子(4才)は
さんぴん茶を飲んでは『これ全然コーヒーコーヒーしてないよ!』と言う。
はい、アニメ日常の影響キタコレ(笑)
NHKで連続放送をしていた時にハマった模様。

影響といや、今読み途中の新書『算数再入門』中山理(著)で、
子供は環境により育つ様子が変わる、子供の育ち方は親に責任があり何を与えるか、何を話すかが重要と書いてあった。

子供は親が好きなモノ、与えるモノに影響されるって事で冒頭の息子の発言は頷ける。
だからこそ責任と愛情を持って環境を整えるのが親の役割なのだろうなと思いながら
読み進めていると

子供に対する愛というのは、子供が自分は愛されていると実感できるものである事が大事で、大人は『自分は子供を愛しているのだから当然子供はわかってくれているものと思い込んでいる』が必ずしもそうではないとあった。

『つがつくまでは膝の上』という言葉がある。
歳の数に「つ」がつく9歳「ここのつ」までは、目一杯手を掛けて可愛がり十分に甘えさせてあげる。たっぷり親に甘えて過ごした子供は自分から上手に膝から降りていくという意味で使われる言葉。

それらを踏まえ
子供を上手に自立させるには、子供に伝わる愛の見極めが大事
と、解釈。
親も学ばねば子供もまた学ばない
日々是精進。

ちなみに引用させて頂いた本は育児本ではなくて
算数が苦手な人に、算数って楽しいよ~って解説してくれている本です(笑)
娘の算数が難解になる前に
私自身の数に対する苦手意識を取り除いておこうと買った本なんですが、良い育児本でもあるなーと。
オヌヌメー。

算数再入門―わかる、たのしい、おもしろい (中公新書)算数再入門―わかる、たのしい、おもしろい (中公新書)
(2008/04)
中山 理

商品詳細を見る


スポンサーサイト
[ 2012/07/10 15:48 ] 徒然 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。