自動トイレは人をダメにする

南国に暮らす酒飲みの人の活動記録。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お化粧の話

ちょっとコンビニへ買い物へ~なんてぐらいならスッピンで行きたいのだが、かれこれ10年以上も化粧をしていて
なおかつ、成人して人前に出る時に化粧をしないというのはすごく失礼な事という夜の接客経営をしていた父の教えもあり
人に会う時などは化粧をしていないと、落ち着かない。

先日、とある事情でスッピンで出かけた日があった。
この時の気分たるや
パンツを履き忘れて出かけている痴女のような錯覚に陥り
なんとも居心地が悪くなった。
そのぐらい私にとって化粧というのは日常なのである。

「ひじきさんは毎日化粧していて偉いねぇ」という人もいれば
「化粧をしなくてはならないほどスッピンがヒドイんですね」
という人もいる。

私にとって化粧とは、下着と同じカテゴリで
勝負下着があるように勝負時にはがっつり決めていくと
気がひきしまる武装。
外出時に下着をつけていないのは失礼。
なおかつ、セクハラと考えているのです。

かといってスッピンで出歩いている人を批判するという訳でもないんですけどね★

はい、ここで自分を守ったよー
私自分を守ったよー

ま、必要最低限の化粧はある年齢からは必須だと思うわけ。
不細工美人関係なくさー
こっちがヒヤヒヤするからね。
うわ!この人パンツ履いてない!!って。
スポンサーサイト
[ 2012/04/12 00:00 ] 徒然 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。